ニキビと保湿

ニキビ肌の改善には保湿がとても重要になります。皮脂の多い脂性の人はしっとりしていて、保湿とは無関係のように思われていますが、実は皮脂分泌が異常であることも保湿不足の肌の証拠なのです。もちろん乾燥肌の人も保湿不足は見ても分かります。どちらも保湿が行き届いた肌であれば、ニキビ肌は卒業できるのです。

そこで肌ケア製品もしっかり保湿効果のあるものを使いましょう。またどうしてもニキビ肌の人は皮脂の多いタイプも多いので、脂分の多い化粧品よりさらっとしたジェルタイプのものがおすすめです。保湿力の高い成分が豊富に含まれたスキンケアを選ぶようにしますが、どのような成分があるのでしょう。

多くの人が知っているのがコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸ですが、他にも大豆レシチン、エラスチン、ヘパリン類似物質、天然保湿因子(NMF)、グリセリン、植物油(アボカドオイル、オリーブオイル、ホホバオイルなど)、動物油(スクワラン、ミンクオイルなど)、流動パラフィン、ステアリン酸コレステロール、スフェンゴ脂質などがあります。そしてニキビ肌には殺菌力の強い成分も大切です。例えばアロエエキスなどは知られていますが、このように保湿プラス殺菌がニキビには重要となります。