ニキビと肌質

ニキビができやすい肌質について考えてみましょう。ニキビというと脂性というイメージがあります。しかし実際にはいろいろな肌質がニキビになると言われているのです。例えば普通肌と言われている肌の場合は、とてもトラブルの少ない肌ですが、季節や環境によってトラブルが起こることもあります。そんなときにしっかりスキンケアができていないと、安心はできずにニキビができることにもなってしまいます。

また多くの人がニキビ肌と思っている脂性の肌の場合、もちろんニキビができやすい肌とも言えます。特に毛穴にはいつも皮脂が溜まってしまうことになり、毛穴の中が不潔になりやすく、そこに常在菌が増えてしまえばニキビになりやすいと言えるでしょう。しっかり皮脂を取り清潔にするスキンケアをしなければなりません。また脂性=保湿肌ではありません。脂は多くても保湿が足らないからこそ、皮脂分泌異常となっているのです。

次にニキビとは関係ないと思われている乾燥肌ですが、毛穴に角質のカスが溜まりやすく、それによってニキビになる場合も結構多いのです。そのため保湿をしっかりとできる肌つくり、そして保湿した肌の潤いを保てるようにすることが大事です。いくら保湿しても、乾燥しやすい肌だと意味がありません。つまりどんな肌であってもニキビはできる可能性があるということ。そしてそれを防ぐためにも毛穴ケア、保湿スキンケアが重要であるということも考える必要があります。

参考HP-肌潤糖(はだじゅんとう)公式サイト