ニキビとスキンケア

ニキビのメカニズムからスキンケアとの関係が見えてくはずです。ここではニキビのメカニズムから考えてみましょう。まずニキビはニキビ菌などによって発症します。しかしニキビ菌は常在菌の一種であり、特殊に外部から侵入してくる菌ではありません。そのためニキビが移ることもないのです。常在菌とは普通に体に住み着いている菌であり、悪い菌が体についてもしっかり攻撃してくれる体を守る菌とも言えます。つまり無菌状態にしてしまったら、それは決して良いことではないのです。

しかしそんな常在菌であっても異常繁殖をしてしまった場合は、悪玉菌になってしまいます。どんどん増えてしまった常在菌は皮膚の細胞に侵入してしまい、今度はそれを阻止するために免疫システムが働き、炎症を起こすことになります。侵入する菌が強ければ炎症も強くなるので、最終的には色素沈着やクレーターなどができてしまうこともあるのです。

ここでなぜニキビができるのかということですが、まず毛穴に角質のカスなどが詰まります、そこに皮脂も混ざります。この状態の毛穴の中は細菌にとって、湿度、温度、栄養ともに最高の状態であり、過剰増殖して結果的に肌細胞に侵入していくことになり、炎症が起こりニキビができてしまうのです。しかし毛穴に角質のカスや汚れなどが溜まらないようにすればニキビはできません。角質のカスが増える、皮脂の異常分泌などは肌の状態によって起こることです。そのため肌の状態を良くすること、そして清潔が重要となり、そのためにもスキンケアが最大の重要事項と言えるでしょう。